×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

股関節痛

歩き出す時や動き出す時に股関節が痛みだしたり、長時間の歩行や運動後にお尻、太もも、膝、股関節が痛みだした場合、股関節痛が原因になっているかもしれません。股関節は、骨盤と太ももの大腿骨をつなぐ間接のことで、脚をさまざまな方向に動かすことができる間接ですね。骨盤と大腿骨や軟骨に靭帯とその他様々な筋肉によって構成されている股関節は、体内の関節の中でも一番大きな関節で二足歩行を行う人間にとってとても重要な役割を行っています。この股関節に起こる痛みである股関節痛の原因は、子供の頃の股関節脱臼や臼蓋形成不全といった先天的な障害によるものや加齢による老化現象や骨折によるものなどがありますが、股関節痛は必ずしも股関節自体に障害が出ているものだけとは限りません。腰痛から来る股関節痛も非常に多いので、痛みの出ている部位をよく確かめることが必要ですね。股関節の後に痛みがある場合は、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛等の腰痛が原因になっていることがあります。股関節だけに限らず関節には、体重がかかった時の衝撃をやわらげるクッションの役目をしたり、関節を動かす軟骨と呼ばれる表面がとても滑らかで弾力のある骨が挟まれています。この軟骨は、とても柔軟で耐久性の高いものなのですが、年齢を重ねるに連れて擦り減ってしまいます。そして関節を守っていた軟骨が磨り減り、剥き出しになった骨盤と大腿骨がこすれることで股関節に痛みが出ます。これは、変形性股関節症と呼ばれる症状で、成人の方で股関節の前側に痛みが出ている場合によく考えられ関節痛の約80%を占めているといわれています。そしてこの変形性股関節症の原因の約90%が、変形性股関節脱臼症や先天性股関節脱臼に臼蓋形成不全であるとされ、女性に特に多い疾患です。また、アルコールの飲酒量が多い方は、大腿骨頭壊死症による股関節痛の発生率が高いといわれています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

股関節痛のストレッチ

股関節痛は、ひどくなると歩行が非常に困難になってしまいます。変形性股関節症の進行期から末期になってしまうと骨切り術や人工関節置換術である手術的療法での治療を受けなければ歩行どころか日常生活にも支障が出てしまいます。しかし変形性股関節症に至るまでは、股関節への負担をかける日常的な姿勢や悪い癖の積み重ねなどからの長い年月と時間を要して進行していきますので、初期段階での股関節痛でしたらストレッチなどの運動療法や赤外線照射にマッサージなどの温熱療法が効果的な保存的治療法により進行を遅らせたり、股関節への負担を減らして痛みを緩和するることができます。また最近では、骨盤の歪みやカラダの歪みが股関節痛に深く関係しているとも言われていますので、歪みを矯正するためにも股関節のストレッチは効果的ですね。股関節痛に密接している腰痛や肩こりにもストレッチはとても大切ですからね。ちなみに、骨盤は脊椎にもつながっていますね。だから、骨盤の歪みから内臓や自律神経への影響もありますので、股関節痛を感じ始めたらストレッチを行うことがオススメです。長時間の歩行や運動後にお尻、太もも、膝、股関節に痛みを感じ出したら、ぜひ股関節のストレッチを始めてみましょう。ご家庭でも簡単にできる股関節のストレッチで股関節痛をかなり緩和することができると言われています。ただし股関節の痛みが強い場合は、ストレッチを無理に行わないことと医師や理学療法士の指導に従った正しいストレッチを行うことが大切ですので、股関節周囲の疲労や股関節痛を感じ始めたら早期治療のためにも、先ずは医師への相談もしくは病院での診察を受けましょう。

股関節の柔軟なストレッチ法

股関節のストレッチとは、股関節周囲の柔軟体操です。股関節周辺の筋肉が硬いと股関節の動きが悪くなります。長い日常生活の中で股関節にも疲れがたまります。その疲れが股関節に負担をかけてしまい、それが原因となり股関節痛を発症させてしまうのです。股関節痛の予防や股関節痛の治療・緩和には、股関節を柔らかくすることが不可欠と言えるでしょう。股関節のストレッチは、股関節周囲の筋肉を柔らかくし柔軟性と瞬発力を向上させることを目的としたストレッチです。股関節は立ったり座ったり、歩いたり走ったり、足を止めたり方向展開したりする動きにつながる屈曲・伸展・内転・外転・内旋・外旋と言う概ね6種類の動きを支持しますね。そのため、この6種類の動きをスムーズに行うためにはそれぞれに合ったストレッチ方法があります。6種類と言っても全てのストレッチにかける時間は15分程で充分ですよ。股関節の柔軟性を向上させるストレッチを効果的に行うのに重要なことは、筋肉を伸ばした状態を約30秒間持続することです。フィットネスクラブやジムでよく見かけたりしますが、股関節のストレッチを反動をつけて急激に伸ばしたり、小刻みに行うストレッチは効果的ではありません。少し痛みを感じる程度まで静かに息を吐きながら伸ばしていき、伸ばした状態を約30秒間持続させることで効果が高まります。また股関節のストレッチは、始めのうちは無理に行うことも禁物です。ゆっくりとマイペースで行いましょう。テレビを見ながらでも煩わしくない時間で股関節をストレッチすることができますので、股関節痛の予防や股関節痛の治療・緩和を望まれる方は毎日続けてみてくださいね。より効果的な股関節痛のストレッチは、身体が温まった状態で行うことです。お風呂上りなどは、股関節だけではなく体全体が温まっていてリラックスしていますし、筋肉も少し柔らかになっていて伸びやすいので、無理のない股関節痛のストレッチが行えるでしょう。

スポンサード リンク


Copyright © 股関節痛のストレッチ All Rights Reserved.

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサー
ビスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがありま
す。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。


CMS